脱サラ開発者のAndroidアプリ生活

Androidアプリの収入状況を赤裸々に公開

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一弾アプリリリース

2013.06.03 (Mon)
記念すべき第一号アプリのリリース完了です!
(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

インターバルタイマー

学校のチャイムのように、開始時刻と終了時刻にアラームを鳴らしてくれるアプリです。
もちろん、休憩時間の設定も可能です。
もしよければ使ってみてください (*・ω・)ノ ヨ・ロ・シ・ク


【アプリ作成のお話】
このアプリは、以前研修を受けていた際に「こんなアプリあれば・・・」という話になったのと、
アラームアプリとなると、非同期やバックグラウンドの処理が必要なので、勉強になるかなと思って
作ってみました。

考えてたとおり、アラームの作成は、Androidアプリを作成するのに重要な「アクティビティ
サービス」「ブロードキャスト」を使う必要があったので、かなり良い勉強になりました。
もしこれからAndroidアプリ作る方がいらっしゃったら、アラームアプリを作って勉強するのを強く
おすすめしますね(笑


【収入に向けての準備】
さて、本ブログのメインでもある、Androidアプリでどれだけ稼げるか!ですが、
第一弾アプリということもあり、調査もかねて2種類のバナーをつけてみました。
一つはクリック型の広告、もう一つはCPI型の広告です。

クリック型の広告については、最近話題のアイコン型の広告で、アスタさんの広告を導入してみました。
通常のバナー広告だと一つだけしか表示できませんが、アイコン型だと複数表示できるのがいいですね。

もう一つのCPI型についてですが、こちらはAppCさんの広告を導入してみました。
CPI型というのは、簡単に言うと、広告をクリックして、アプリのインストールまで完了することで
報酬が支払われる仕組みです。
クリック型の報酬が数円なのに対して、CPI型は数百円と単価が高いのが魅力的ですね。
また、AppCさんのバナーは色々なタイプの表示方法(文字だけやアイコン表示など)があるので、
使いやすそうでした。

あと、両方とも導入はすごく簡単で、SDKを落としてきてマニュアルどおりに導入するだけなので
30分もあれば導入できましたよ。
バナー表示されるだけで、だいぶテンションあがっちゃいました(;^_^A


まだ公開まもないので、収入につながってませんが、来週辺りから週一ぐらいで報告したいと思います。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。